甘いファッションが苦手なウェーブタイプの方におすすめの、クールな大人カジュアルスタイル

ファッション・おしゃれ 骨格タイプ

先日は海外からのお客さまがお越しくださいました。ちょうど日本に帰国されるタイミングに合わせてご予約をしてくださったそうです。ありがとうございます☆

背が高くて手足も長くてモデルさんみたいな体型の方でした~。その日は、ホワイトボトムにカーキのトップスを合わせた大人っぽい着こなしに、センスよくアクセサリーやバッグを合わせられていて、とても素敵でした(´艸`*)

クールな感じの大人っぽいカジュアルがお好きとのことで、骨格タイプでいうと、ストレートタイプやナチュラルタイプに似合う着こなしが、ちょうど好みのテイストに当てはまるようです。

ところが、骨格診断の結果はウェーブタイプでした。(クール系ファッションがお好きな方に限ってウェーブタイプ、キュート系ファッションがお好きな方に限ってストレートタイプという、好みと似合うのミスマッチは結構多いのです…。)

ウェーブタイプに似合う着こなしといえば、甘~いファッションが多いでので、甘いテイストが苦手な方はちょっと戸惑ってしまうかもしれませんね。

 

そこで、甘いファッションが苦手なウェーブタイプの方におすすめの、クールな大人カジュアルスタイルをご紹介いたします。

今回は”ガウチョパンツにカットソーを合わせた着こなし”をいくつかご紹介いたします。夏のパンツスタイルは、ゆったりしたラインのものの方が涼しくて快適なので、流行りのガウチョパンツはおすすめですよー☆

選び方のポイントは2つ。素材感がやわらかいものを選ぶことと、トップスはコンパクトなサイズ感のもの(特に着丈が長過ぎないこと!)を選ぶことです。

 

●ウェーブタイプにおすすめのガウチョパンツ

こちらは軽くてとろみのあるフェイクスエードを使用したガウチョパンツ。

写真ように一色のみのワントーンコーデにするのも素敵ですし、あるいはトップスにターコイズブルーやオレンジなどの夏らしい明るい色や、ネイビーやチョコレートブラウンなどのダークカラーをもってきてもおしゃれに決まりますよー☆

フェイクスウェードガウチョパンツ
Loungedress フェイクスウェードガウチョパンツ

 

もっとクールな感じに着こなすなら、センタープレスが入ったものがおすすめ。こちらはジョーゼット素材でできています。

item361047101504-1-2
ADORE スピンジョーゼットワイドパンツ

 

こちらはサテン生地でできた、プリーツ入りのガウチョパンツ。脚を閉じればプリーツスカートのようにも見えるので、とてもエレガント。キレイめにきめたいときにおすすめです。

item361059026203-1-2
ELFORBR サテンプリーツガウチョパンツ

 

 

●ガウチョパンツに合わせたい、ウェーブタイプにおすすめのトップス

こちらノースリーブカットソーはフレアがワンポイントになっていて、ほどよく華やかさがありシンプル過ぎないので、胸元が華奢なウェーブタイプの方にはよくお似合いで、おすすめの一着です。

item361015213001-1-2
JILLSTUART ジャスミンノースリーブカットソー 

 

こちらはメッシュレースのタンクトップ。着丈は長めですが、生地に透け感があるので、インナーの着丈が長過ぎなければ大丈夫です。

メッシュレースという個性的な素材を活かして、あえて同色のガウチョパンツを合わせてワントーンで着こなすと、ボトムとの素材感の違いが引き立ってとってもおしゃれです☆

item361071421803-1-2
LE CIEL BLEU メッシュレースタンクトップ

 

こちらは透け感のあるチェック柄のカットソー。フレアシルエットと短めの着丈が、ウェーブタイプの体型の特徴と相性がよく、スタイルアップして見えます。

フレンチスリーブなのでノースリーブが苦手な方にはおすすめの一着です。

item361050244901-1-2
LANVIN en Bleu ランバン オン ブルー ギンガムメッシュカットソー ネイビー

 

以上、甘いファッションが苦手なウェーブタイプの方におすすめしたい、”ガウチョパンツにカットソーを合わせた着こなし特集”でした~。

ちなみにガウチョパンツが似合うのは、ウェーブタイプとナチュラルタイプですが、

ウェーブタイプに似合う素材感はフェミニンな感じのものが多いので、ウェーブタイプが着こなすガウチョパンツスタイルは、カジュアル感が控えめで、ふんわりソフトな印象になります。

一方、ナチュラルタイプが着こなすガウチョパンツスタイルは、リラックス感やカジュアル感が前面に出てくるので、同じアイテムを着こなしても雰囲気がまるで違います。面白いですね~。

ご参考になればうれしいです☆

 

森本のり子

« »