Blog

夢中になること☆

早いもので新年度が始まってもう2週間ですね☆

今になって毎日訪れていた保育園のエントランスの様子や笑顔で迎えてくれた先生方を思い出しては、きゅ~んと締め付けられるような切ない気持ちになっています。

昨年度は新型コロナの影響で、保護者の園内への立ち入りは禁止となり、下駄箱の前での受け渡しとなっていました。そのため息子が帰り支度をしている間はエントランスでしばらく待つことになり、壁に飾られた園児の写真や作品を眺めたりしてゆっくり過ごしていると、やがて遠くの方から息子の楽しそうな話し声が聞こえてきて(時には泣き声の日も!)、今日も楽しく過ごせたようでよかったな~と思いながら息子を出迎えた毎日でした。毎日の当たり前の光景だったはずなのに、もう二度と戻ってこない時間だと思うとなんとも寂しい気持ちになります。

一方、ちょっとしんみりしている私とは違って、息子本人はもうしっかり前を向いています。「もう保育園に行けないの寂しくない?」と聞くと、「学校が楽しみだからそうは思わない」「保育園に戻ることはできないんだからそんなこと考える意味がないよ」などと、なんとも現実的な言葉があっさり返ってきました。親が思っているよりも子供は逞しく成長してくれているのだな~と感じます。

保護者が作成した卒園アルバムがあるのですが、そちらには子供一人ひとりの個人ページも用意されており、保護者からのメッセージを記入する小さな欄がありました。しばらく考えて書いたのが「卒園おめでとう。一つでもいいから夢中になれることを見つけて、人とは比べず、●●●らしくのびのび大きくなってね。」という言葉でした。記入スペースの都合上、短くはありますが、私が息子に対していつも思っていることをぎゅ~っと凝縮した言葉です☆

人は夢中になれることがあると、もうそれだけでぶわ~っと前向きなエネルギーが沸いてくるものです。早くやりたくて仕方ない!と思えることを、遊びでも将来役に立たなそうなことでも何でもいいので、一つは見つけてほしいと思っています。もちろん成長の過程で興味は変化していくものなので、その時々で内容は変わっていくでしょうけれど、夢中になっていることが何かあれば、少しくらい嫌なことがあっても気にせず動じない精神力も育んでいけると思うのです。何かに夢中になっている人で精神が弱くて無気力な人なんていないですよね。自然と思考も前向きになるのだと思います。

それからもう一つ、周囲に褒められることを動機にはせず、自分の内側からくる「これをやりたい!」という感覚を大切にしてほしいと思ったので、“人とは比べず”という言葉も書き添えておきました。世間や親の評価を気にしていては、自分の本心を見失ってしまいますから。

以前の記事で(夢中で遊ぶ☆)、保育園のお友達の影響で息子が将棋をやりたがっているということを書いたことがありますが、案の定、すぐに将棋にハマってしまい、最近ではプロの対局の解説動画なども熱心に見ています。もちろん大人向けの動画ですから、息子がどこまで理解できているのかはよくわかりませんが、じっと真剣な顔で画面を見つめています。先日は学童保育の時間に4年生の子が対局相手をしてくれたそうで「4年生に勝った!」ととても嬉しそうに帰ってきました。1年生相手だし、ひょっとすると手加減してくれていたのかもしれませんが、新しい生活の中で楽しみを見つけてくれたことはよかったな~と思いました。(ちなみに学校の話題はほとんど出ません。。。同じ園だったお友達もクラスにはいなくて、まだなじめないでいるのだろうな~と想像しています。)

私自身は息子に何度も勧められたものの将棋には一切の興味がわかず、将棋の話も、解説動画も全くもって意味不明でおります(笑)。でもそれでいいと思っています。明らかに才能のない私が必死に将棋を勉強して息子に教えたとしても、よい影響を与えられるとは思えず、かえって足を引っ張ってしまうことになると思うからです。親としてできることは、せいぜいよい先生を見つけてあげることくらいなので、学校生活に慣れてきた頃にでも、習いに行かせようかな~と思っています。

大人である私も、子供のように無邪気に何かに夢中になる心を忘れないようにしたいです。ここ数年間は子育て中心の生活が続いており、自分の時間を確保すること自体が難しかったのですが、そのような中でもわりと夢中になったのは料理かな~と思います。コロナの影響でおうち生活を充実させたい!という思いが強くなり、以前よりも毎日つくるご飯が美味しくなりました。レパートリーも少しですが増えました。ほんの小さなことですが楽しい気持ちになります。

この4月から娘が保育園に入園したので、新生活が落ち着く5月ごろから、新しいことを学び始める予定です。仕事についても、これまでは自宅でできることを中心にお受けしていましたが、コロナで休止していた個人レッスン等もそろそろ再開したいと思っています。子供たちがもう少し大きくなるまでは、休日は家族と過ごす時間を優先したいため、当面の間は平日のみかな~考えていますが、また詳細が決まりましたらお知らせさせていただきます☆

骨格診断とは

新着記事

  1. 2021.04.2

    新年度☆
  2. 2021.01.18

    冬の公園☆
PAGE TOP