BLOG

「すべて出しきった」と心底思える境地に立った人にしか見えない世界

ソチ五輪が盛り上がっていますね!
普段、あまりテレビを見ない方なのですが、この時期はついつい夜更かしして観てしまいます♪

中でも上村愛子選手の、決勝3回目の1番手というプレッシャーの中で見せた、
あの渾身の滑りには、思わず鳥肌が立ち、ぐっとこみ上げてくるものがありました(;д;)

残りの選手たちが滑り終わるまでの間、「どうか上村選手にメダルをあげてください!」と、
祈るような気持ちで、ドキドキとしながらテレビに釘付けになって見守りました。

結果は惜しくも4位で、きっと日本中が悔しさを味わった瞬間だったと思いますが、
上村選手が清々しく穏やかな表情をされていたことが、とても印象的でした。

snow03

試合終了後の「メダルはないが、頑張ってよかった」という言葉の重みを想像すると、
思わず胸を打たれますが、強がりなどではなく、きっと心の底から出た言葉なんだろうな、
という感じがします。

『できることはすべてやり尽くしたし、自分の力はすべて出しきった』と心底思える、
そんな境地に立った人にしか見えない世界があるんだろうなと思いました。

息を呑むほど美しく凛とした表情をされていた上村選手。

いったどんな世界が見えていたのかな…☆

真剣勝負のオリンピック選手たちを見ていると、なんだか力が湧いてきます!

千葉のり子

関連記事

PAGE TOP