BLOG

「骨格診断」の先駆者のご本☆

「骨格診断」の先駆者である二神弓子社長が、ご著書「本当に似合う服に出会える魔法のルール」を出版されました☆

「骨格診断」と「パーソナルカラー診断」をもとに、似合う服の選び方を細かく丁寧に解説されていて、とてもわかりやすいご本ですよ~。

最近はファッション誌の企画ページにもたびたび登場するなど、広く知れ渡ってきた「骨格診断」ですが、そのルーツはあまり知られていないのではないかな~と思いますので、簡単にご紹介いたしますね。

「骨格構造によるファッションタイプ診断」の原型メソッドを、二神社長が骨格診断研究家の柘植裕子先生から継承し、それをもとに確立されたのが現在の「骨格診断」です。

「骨格診断」の個人向けレッスンを開始されたのが1996年のことで、2002年からはICBインターナショナルのスクール事業の一環として、プロの育成に従事されてきたとのことです。(私もICBインターナショナルの卒業生です。「骨格診断」は丸田久美子先生よりご指導いただきましたよ~☆)

つまり「骨格診断」は二神社長や丸田先生をはじめとするICBインターナショナルの先生方が、長い年月をかけて、大切に育まれてきたファッションメソッドなのです。

広く知れ渡ってきたのはごく最近のことかと思いますが、実は20年あまりの歴史があります☆

「骨格診断」の普及にともない、正確な診断技術を持ったアナリストを認定する制度を整えようと、2013年に二神社長が立ち上げられたのが「骨格診断ファッションアナリスト認定協会」です。

本協会で実施している検定試験は、診断実技は100%正解を合格条件とするなど、高い基準を設けていることもあり、簡単には合格できない試験となっていますが、検定に合格した認定アナリストは、確かな“診断スキル”と“知識”を有するプロとして、幅広い分野でご活躍されています。

実は協会の立ち上げ当初からお手伝いをさせていただいているのですが、最初は数名しかいなかった認定アナリストが、毎年、確実に増えてきていることを、とてもうれしく思っています☆

本書を読まれた方が、「骨格診断」にご興味をもたれて、近い将来、認定アナリストになられたとしたら、本当にうれしいことだな~と思います(´艸`*)

 

さっそく拝読いたしましたが、さすが二神社長が書かれただけあって、「骨格診断」に関するノウハウがぎっしりと詰まっているな~と思いました。

「骨格診断」にご興味のある方はぜひご覧になってみてください☆

また、具体的&実践的な内容にフォーカスされているので、なにを着たらいいのか全然わからない!という”おしゃれ迷子”の方にとっては、心強い指南書のなるのではないかなと思います☆

 

森本のり子

関連記事

PAGE TOP