Blog

骨格タイプ別、2014年春夏シーズンにおすすめの素材

先日、骨格診断FA認定協会にて、認定アナリストによるトレンドアイテムの勉強会を行いました。

ファッションのトレンドは常に変化していくもの。

骨格診断」の基本となる理論は普遍的なものですが、
細かな部分については、時代に合わせた新たな解釈も必要になってきます。
(そうでないと、時代遅れな理論になってしまいますからね^^;)

今回の勉強会では、
既存の分類方法には当てはまらない新しいアイテムに対してどのような解釈をしていくのか、
また骨格タイプでは苦手とされていても、お客さまが希望される場合のご提案方法などについて、
約3時間のディスカッションを行いました。

骨格診断ファッションアナリスト認定協会理事:丸田久美子(左)、森本のり子(右)

こちらは丸田先生(左)と私(右)^^♪

ちょっと写真ではわかりづらいかもしれませんが、
丸田先生はツイード素材のワンピース、私はジャガード素材のワンピースを着ています。

ツイードもジャガードも、今シーズンはたくさん出ている素材ですね☆

どちらも素材自体に上品な華やかさがあるので、敢えて少しカジュアル感のある、
ボックスシルエットやコクーンシルエットのワンピースなどを選ばれると、
フォーマル過ぎずカジュアル過ぎずのほどよい感じになります☆
(トップスなら、ジャケットよりもブラウスが今年らしくオススメです^^)

ツイード素材がいちばんお似合いになるのはウェーブタイプですが(いわゆるシャネルツイード)
最近は素朴な感じのツイードにフリンジが付いているなどカジュアルな素材も出てきているので、
上手に選べばナチュラルタイプの方もお似合いになります。

ジャガード素材は、骨格タイプを選ばず着こなせる素材です。
ただ今シーズン見かけるものは、柄が大きく、厚手で張りのある質感の生地が多いので、
素材に関してはストレートタイプの方にお似合いになるものが多そうです。
ストレートの方は、マットな質感よりも、シルク混合の光沢感のある質感を選ぶのがポイントです☆

 

トレンドの全体的な傾向としては、ナチュラルタイプのデザインが多くなっていますが、
ストレートタイプやウェーブタイプの方も、素材をうまく選んで着こなせば大丈夫。

うららかな春の時期だからこそ映える、晴れやかなファッションを楽しみたいですね( ´艸`)

勉強会の詳しい内容につきましては、協会ホームページ内のコラムにて追ってご紹介していきますので、
楽しくご覧になっていただければと思います♪

千葉のり子

イメージコンサルタント/著述家

主な著書に「骨格診断(R)とパーソナルカラー診断で見つける似合う服の法則」「一生使える服選び “似合う服問題”には、もうさようなら」「がんばった分だけ認められる 女子の仕事術」など。

骨格診断とは

新着記事

  1. ティディベア@キュート日暮里
PAGE TOP