BLOG

峰不二子を演じる黒木メイサさんの骨格タイプ

これは骨格診断の説明にとってもわかりやすい!と感じる着こなし例を見つけたので、ご紹介します♪

美的 10月号を眺めていたら、いつもとは違った雰囲気の黒木メイサさんが目に留まりました。
こちらがそのお写真。

kuroki-meisa01
<画像は美的2014年10月号よりお借りしました>

スレンダーなスタイルが美しい黒木メイサさんですが、
こちらのお写真では、なんだかいつもより、ムッチリと着太りして見えます。

それに、スカートの後ろ側がツンと上がってしまい、前側よりも丈が短くなっており、
ワンピースが身体のラインに合っていないなど、なんだか野暮ったい印象です(¯―¯٥)
(細かく見ていくと、不似合いな箇所はさらにたくさんあります…。)

 

一方でこちらのお写真はどうでしょう。
映画『ルパン三世』の峰不二子の衣装ですが、セクシーでカッコよくて素敵ですね☆

kuroki-meisa02
<画像は http://www.oricon.co.jp/news/video/photo/2040672/1/ よりお借りしました>

レザーのライダースジャケットが本当によくお似合いです☆

黒木メイサさんは、身体の質感に豊かな張りがあり、しっかりとした存在感のあるタイプの方なので、
レザーのようなハードな質感の素材を着られると、身体と洋服の質感が調和してとても素敵に見えます。

その証拠に、スリムな体型でいらっしゃるわりには、華奢なイメージはないですよね。
これがまさに骨格タイプがストレートの方の特徴です♪

またストレートタイプの方は、体質的に、骨盤の後ろに筋肉が付きやすいため、
高い位置に豊かなヒップラインがあるのも特徴で、ここは是非活かしたいチャームポイント。

先ほどのフレアスカートのワンピースでは、後ろ側がツンと上がってしまっていましたが…^^;

もしレザーやデニムのような、しっかりと張りのある素材のタイトスカートを着られたとすれば、
高い位置にあるヒップのカーブが強調されて、女性らしい丸みがありながらも、
全体としてはすっきりとしたラインがつくられて、とっても素敵だったろうなぁと思います♪

スタイル抜群の女優さんでさえ、骨格タイプに合った着こなしをするかしないかで、
これだけ印象が違って見えてきてしまうという、非常にわかりやすい例でした。

 

ちなみに私が骨格タイプを診断する際には、
「ボディラインの特徴」「身体の質感の特徴」の2つに着目しています。

まず「ボディラインの特徴」は、主に骨格の特徴から判断していきます。
骨格の特徴によって、筋肉や脂肪が付きやすい部位と、付きにくい部位には、はっきりとした傾向があるからです。

そしてもう一つ「身体の質感の特徴」は、目視と、実際に触らせていただいた感触から判断します。
張りがあり存在感のあるタイプ、華奢で柔らかなタイプ、肉感的なものを感じさせない素朴なタイプなどがあります。

このようにしてお客さまの骨格タイプを導いています♪

 

なかなか自己診断は難しいので、ご興味のある方はぜひプロの診断を受けられてみてください☆
(もちろん、Shining Energy での診断は大歓迎です!)

骨格タイプは生涯変わることはないので、まさに一生モノの着こなしスキルが身につきますよ(^-^*)/

 

森本のり子(旧姓:千葉のり子)

 

関連記事

PAGE TOP