Blog

大人かっこいいマニッシュなパンツスタイルの着こなしポイント 2014秋冬トレンド

少しずつ秋めいてきましたが、秋冬のお洋服はなにか購入されましたか♪

今回は、今年の秋冬におすすめの、マニッシュなパンツスタイルについて、
着こなしのポイントをご紹介しようと思います♪

今シーズンは、ダークカラーやモノトーンなどの落ち着きのある色味に、
チョークストライプ、ペンシルストライプ、ウインドーペインなどの直線的な柄の入った、
まるで男性のスーツのような、シャープなかっこよさのあるパンツが豊富に出ています(o´艸`)

 

こういったマニッシュなパンツを選ぶ際の重要なポイントは、

「しっかりとした張りのある生地を選ぶこと」
「ほどよくゆとりのあるシルエット&サイズ感を選ぶこと」

の2つです。

なぜなら、
マニッシュなアイテムを着こなすのに、いちばん大切なことは、
男性のスーツスタイルのような、肉感を感じさせないシャープなラインをつくることだから。

これこそが、素敵に見えるかどうかを決定づける”肝”となる部分なので、

ヒラヒラとした薄っぺらくてやわらかい生地や、
太腿やヒップがぴったりとしたシルエットのものを選んでしまうと、
安っぽくオバサンっぽく見えがちなので要注意です!
また、スタイリングの方向性も中途半端になってしまい、オシャレに見えません。

男性のスーツ姿を想像してもらえばわかると思うのですが、
生地がやわらかくてヨレヨレして見えたり、太腿やヒップがぴちぴちになっていたら、
かなり残念な印象ですよね…^^;

そしてもう一つのポイントは、
足首・手首・鎖骨などの”骨部分”を見せることで、
さりげなく女性らしさを演出すること。

全体が男性的なかっこいい着こなしだからこそ、
露出した”骨部分”は華奢な印象を与え、着やせ効果も抜群です!

ちなみにこういった”ザ・メンズライク”なアイテムは、
骨格タイプ的にいうと、ストレートタイプとナチュラルタイプの方におすすめです♪
骨格診断についてはこちらをご参照ください

 

それでは実際のコーディネートをいくつかご紹介していこうと思います☆

 

かっこよさの中にも女性らしい甘さが欲しい人におすすめ

pants01
<画像はVERY10月号より>

こちらはウインドーペインのパンツ。

トップスとパンプスに、オフホワイトやベージュなどの、クリーミーなカラーをもってくることで、
ハンサムなスタイルの中にも、ソフトで優しい雰囲気が加わり、エレガントな印象♪

クール過ぎるファッションが苦手な方や、やわらかい雰囲気のお顔立ちの方におすすめです。
また、普段はスカート派という方にも、取り入れやすい着こなしかと思います☆

 

クール&マニッシュにきめたい人におすすめ

pants03
<画像はVERY10月号より>

こちらは太めのストライプのパンツ。

トップスとボトムをパープルで統一した、ハンサム&クールな印象のワントーンコーディネート。
足下にも辛口なブラックのローファーをもってくることで、カッコよくまとまっています♪

ただこのままだと少し地味な感じもするので、
メタリックな輝きをどこかに加えるとさらに素敵になると思います。

たとえば、太めのシルバーのバングルを合わせるとか、
ネックレスをもっと存在感のあるロングネックレスに変えてみるとか。
大胆な小物づかいをすることで、リッチな輝きが加わり、より洗練された印象になります☆

 

オシャレ上級者を思わせる”こなれ感”のある着こなしがしたい人におすすめ

pants04
<画像はVERY10月号より>

こちらはチョークストライプのパンツ。

ゆったりとしたシルエットのパンツに、ショート丈のケーブルニット。
そしてポイントは、ニットの下からシャツをのぞかせていること。
シャツを見せることで、トップスの長さを補い、全体のバランスが上手にとれています♪

こういった着崩した感じのラフな着こなしは、骨格のフレームがしっかりとした人にお似合いです。
骨格タイプでいうと、ナチュラルの人におすすめ。
(そうでない人の場合、着られた感じになったり、だらしなく見えたりしやすいので注意!)

そしてもう一つのポイントはカラー。
全身を淡いトーンで統一することで、軽やかなイメージにまとまっています。

もしここに、一か所でも、ズッシリと重厚感のある色が加わると、一気に野暮ったくなります!
たとえば、パンプスやクラッチバッグを黒に置き換えたらどうなるか…と想像してみてください^^;
突然、オバサンぽいコーディネートに様変わりしてしまいます…。

 

そして最後に重要なことをひとつ。

残念ながら、ここで紹介したようなパンツスタイルは似合わないという方もいらっしゃいます。

身体が薄くて華奢な印象のある方は、ちょっと気負けしてしまうかなーと思います。
骨格タイプでいうとウェーブタイプの方が該当します。

どんなに流行っていても、自分の体形の特徴を生かせないスタイルは、潔く諦めること。

これ、すごーく大事なことです。

自分という素材を生かすには、どんなファッションが似合うのか(また似合わないのか)
しっかりと判断できる軸をもつことこそが、センスある大人の女性に必要な”知性”です。

 

でも大丈夫☆

このような方がマニッシュなパンツスタイルをしたいときには、
こちらのような着こなしがおすすめです。

pants05
<画像はVERY10月号より>

薄手でのやわらかいストレッチ素材でできた、細身シルエットのパンツ。
色はネイビーで、生地には光沢感があります。
(画像が粗くなってしまい、パンツの質感や色がわかりにくくゴメンナサイ!)

やわらかな印象で、ほどよくフェミニンさもあるパンツなので、
リボンのついた甘さのあるローファーがよく合っています♪

そしてハンサムなコーディネートに見せるポイントは、色のつかい方。
寒色のネイビーのパンツ、寒色のブルーのバッグと靴が、
クールな表情を添えていてとっても素敵です♪

このように、”ザ・メンズライクなアイテム”を用いなくても、
色を上手につかいこなせば、狙ったイメージを演出することは十分可能です。
こちらのコーディネートだって、ちゃんと大人かっこいいですもんね☆

 

以上、長くなりましたが、
今シーズンおすすめの、マニッシュなパンツスタイルのご紹介でした(^-^*)/

みなさまのご参考になればうれしく思います☆

 

産休のお知らせ

プライベートレッスンのご利用は、10月末日までなっております。
お申込みを検討中の方は、ご希望の日時が確保できるよう、ぜひお早めにご予約をされてください。

 

森本のり子(旧姓:千葉のり子)

 

イメージコンサルタント/著述家

主な著書に「骨格診断(R)とパーソナルカラー診断で見つける似合う服の法則」「一生使える服選び “似合う服問題”には、もうさようなら」「がんばった分だけ認められる 女子の仕事術」など。

骨格診断とは

新着記事

  1. 2018.08.2

    母校へ☆
  2. 2018.07.13

    誕生日☆
PAGE TOP