Blog

文化の日は「骨格診断ファッションアナリスト検定」でした♪

11月3日の文化の日は、骨格診断ファッションアナリストの検定試験でした♪

今回は受験者数が多かったため、 協会の所在地である歌舞伎座タワーではなく、銀座にある別会場をお借りしての開催となりました。

こちらは会場設営中に撮った一枚。ゆったり広いお部屋でした☆

fashion2

筆記試験の監督官として、受験生のみなさまに向かい合う形で一番前の席に座っていたのですが、私も一緒になって緊張してきてしまい、当初長いだろうな~と想像していた1時間の筆記試験はあっという間に終了となりました!

ぴんと張り詰めた空気の中、お腹キューっと痛くなってきそうな、あの試験特有の緊張感を久々に味わいました。学生時代を思い出します♪

その後、休憩をはさんでアイテム選別試験、午後からは診断実技試験が順調に執り行われ、検定試験は無事に終了となりました。(3部構成の試験なのです)

実技試験では5名のモデルさんの骨格診断を実際に行っていただいています。全問正解が合格条件となっているため、既にプロとして活動されている方でも1回で合格できるとは限らない難しい試験となっています。

でもそれくらい骨格診断は奥が深く難しいのです!!!

受験生のみなさま、長丁場の試験を本当におつかれさまでした☆

 

後片付けも終わり、最後に協会のメンバーで記念撮影♪

fashion

試験に合格されて、協会の認定アナリストとして登録された方とは、今後、トレンド勉強会などでお会いする機会があるかと思います。

まだまだ認定アナリストの数は少ないので、新しい仲間が加わってくださることをとても嬉しく思います。みんなで歓迎します☆

お会いできる日が楽しみです(*^^*)

森本のり子(旧姓:千葉のり子)

イメージコンサルタント/著述家

主な著書に「骨格診断(R)とパーソナルカラー診断で見つける似合う服の法則」「一生使える服選び “似合う服問題”には、もうさようなら」「がんばった分だけ認められる 女子の仕事術」など。

骨格診断とは

新着記事

  1. 2018.08.2

    母校へ☆
PAGE TOP