Blog

今の感覚を大切に☆

いよいよ年末が近づいてきましたね~。

新型コロナの流行、自然災害、アメリカの大統領選の混乱など、異例なことがたくさん起こった2020年ですが、まだこれらは序章に過ぎず来年はもっと大変な年になるという話も見聞きするようになりました。これまで起こったことから想像するに、それは当然そうだろうな~と感じています。いろいろな事態が収束するのに数年間はかかるのでしょうね。

ここ最近の週末は外に出て紅葉を楽しんでいます。お日様がぽかぽか暖かく、ベンチやシートに座ってぼ~っとしているだけでも気持ちがいいです☆

新型コロナの流行は、社会だけでなく個人に対しても与えた影響はとても大きく、生活スタイルだけでなく価値観が変わったという人も多いことと思います。自分には絶対に必要で欠かせないと思っていたことが、実は無くなってしまっても何の問題もないことに気が付いたとか、これまで盲目的に信じていたことの裏にある思わぬ実態を知り考えが変わったとか、何か覚醒したような実感がある方は少なくないでしょう。

先日のことなのですが、カフェのレジで注文をしていた際に、私の後ろに高齢の男性が並びました。このような時期ですからソーシャルディスタンスが確保できるよう床にマーキングがしてあったのですが、それには従わずその男性は私の背後にぴたりとくっつきそうな距離に立たれました。振り向くことはしませんでしたが、すぐ後ろに感じる人の気配と息遣い。これがものすご~く不快で不快で(笑)、お会計が終わるまでずっと落ち着きませんでした。。。

でもふと、以前の私ならさほど気にしなかったかもしれないな~と思いました。”列は詰めて並ぶ”という暗黙のルールが社会に根付いていたような気がするからです。しかし本来なら見知らぬ人とくっつくような距離にいること自体が不自然なことですよね。よく今まで気にせずにいられたものだと思い、これはコロナ禍で得た新たな気づきでした。

おそらくみなさまも、事の大小は様々かと思いますが、何かしら新たな気づきがあったのではないでしょうか。気づいてしまったらもう後戻りはできませんから、この先コロナが収束しても、コロナ前の社会に戻ることはなく、新たな社会に変わっていくのでしょう。

占星術の世界では、約240年ほど続いた「地の時代」が終わり、2020年12月22日から約200年間は「風の時代」になるということがよく言われていますが、確かに新しい時代に入るのだろうなということは感覚的にわかります。

そのようなことも影響しているのかな~と思うのですが、ここ最近、使い古したものを急に新調したくなり、下着や靴下、パジャマ、タオル類などを、家族の分も含めてまとめて買い替えました。それから久々に靴箱も整理しました。すっかり履くことがなくなったパンプス等は処分し(今はフラットシューズしか履かなくなりました)、公園遊びで薄汚れてしまった白いスニーカーは、専用の洗剤で丁寧に洗うと見違えたように綺麗になり、なんだかとても気持ちがすっきりしました☆

毎日の生活を自分や家族にとって心地いいものにしたいという思いが以前よりも強くなったように思います。きっとコロナで自粛生活が続いた影響もあるのでしょうね。自分らしくリラックスして心地よく過ごせることが大事で、他人からどう見られているかということには全く関心がなくなりつつあります(笑)。小綺麗な身なりで礼節をもって人に接すればそれで十分!と思います。

引き続き2,3年間くらいは、世界的な時代の変わり目できっといろいろな波乱もあるのでしょうけれど、新しい時代が楽しみな気持ちもあります☆

もう決して戻ることのない過去にはこだわらず、今の自分の感覚を大切にし、強くしなやかな精神を育みながら日々を過ごしていきたいと思います☆

骨格診断とは

新着記事

  1. 2021.07.21

    健康志向☆
  2. 2021.06.29

    思わぬご縁☆
  3. 2021.06.3

    花と緑と湖☆
PAGE TOP