Blog

文章のもつエネルギーを感じとる

なんだか最近、文章の読み方が変わりました。

一文字ずつ目で追っていくというより、文章全体が発しているエネルギーをとらえるみたいな感じかな。

意識して読んでいるわけではないけれど、多分、言葉の選び方とか、文章のもつリズムとか、全体の構成とか、そういういろいろな要素から感じとっているみたいです。

noriko04
お客さまとお会いする日は、明るく親しみやすい印象の装いを心掛けています。
この日は夏らしいサンフラワー色のノースリーブワンピで( ´艸`)♡

だからね、ブログ、facebook、メールなど、文章を見れば、だいたいどんな人かわかります。

文章の内容によっては、その人がもっている世界観や価値観、それを書いたときの心理状態やエネルギーの状態なんかもわかります。

強み診断のレポートを読まれたお客さまから、

「短時間のセッションなのに、こんなに的確に私のことを把握されていることに驚きました!」

というお声をよくいただくので、ここで種明かし?をしておくと、事前に提出していただいているアンケートから、かなりのことを読みとれるからなのです。

 

この間、まだ独立して間もない頃に書いた、このブログの過去の記事を読んでいたら、文面こそ穏やかに書かれているものの、言葉の裏に潜む攻撃性がなんとも痛くて、思わず削除してしまいました…。

だって、“これはこうあるべき!”みたいな強いメッセージの裏には、そうでない人に対する敵対心が潜んでいるのが見え見えなんだもん。(今、改めて読むと恥ずかしい^^;)

まだ自分のやっていることに自信がもてなくて、心に余裕がなかったのね~、と当時の自分を愛おしく感じたりもしますが、わざわざ残しておく必要もないのでこっそりと削除しました(笑)

 

思考を言葉に変換したのが文章なのだなという当たり前のことを、改めて感じています。

そして、どんなに取り繕っても、無意識のうちに本音の部分が滲み出てしまうもの。

文章って奥深い(o´艸`)☆

 

森本のり子(旧姓:千葉のり子)

イメージコンサルタント/著述家

主な著書に「骨格診断(R)とパーソナルカラー診断で見つける似合う服の法則」「一生使える服選び “似合う服問題”には、もうさようなら」「がんばった分だけ認められる 女子の仕事術」など。

骨格診断とは

新着記事

  1. 2018.02.12

    日々のこと☆
PAGE TOP