Blog

キャリアを積んだ女性ほど「つまらない男」になっていく?!

『内藤ルネ展』に行ってきました。
”カワイイ文化”の生みの親として知られている方ですね♪

女の子のイラストがとってもチャーミングで、一昔前(60~70年代)の作品とは思えないかわいさでした!ファッションやヘアスタイルもすごーく素敵で、「女子ってたのしい」って思わず嬉しくなる作品( ´艸`)♡

8/6(水)まで渋谷の Bunkamura Gallery で開催中、入場は無料です。会場で販売されていたグッズもかわいくて、ひとりで訪れたにもかかわらず、すっかり長居してしまいました♪

naito-rune

さて、ブログのタイトルの件ですが、以前から気になっていることがあります。

バリバリとお仕事をされている優秀な女性ほど、感情にフタをしている方が多くて、なんだかもったいないなぁ…ということ。

日々大きなプレッシャーを感じる環境にいると、感情にフタをする癖がつきがちです。感情を鈍くすれば、怒られたりきついことを言われても、それほどダメージは感じなくなります。一見すると打たれ強くはなります。

あるいは「これだから女は感情的で困る」なんて思われたくない!という気持ちが発端となって、感情にフタをしてしまう方もいるかもしれません。

どちらにせよ、そうすると人生そのものに彩りがなくなっていき、無彩色の世界になっていきます。日常生活の中で、嬉しいとか、楽しいとか、ときめくとか、そういう感情も味わえなくなっていくからです。

これじゃあ、まるで働くためのロボットです(o_o)!

一般的に女性の方が感情が豊かだといわれていますが、実際に私もそのとおりだと思います。

それなのに、”豊かな感情”というせっかくの個性を、自ら封じ込めてしまっては、その人本来の強みや人間的魅力を押し殺したようなもので、本当にもったいない!

ギクリとした方もいらっしゃるかと思いますが、じゃあどうすればいいのか。

これに関しては『なりたい私になる 中谷彰宏著』の中に非常に参考になる箇所がありましたので、以下にいくつか抜粋します。

社会に出てキャリアを積むと、どんどん「つまらない男」になっていく女性が多い。
「男性になんか、負けない」
男性並みになろうとして、「つまらない男」に堕落していく。
男性並みになんかなることはない。

男性並みになるということは、女性がレベルダウンすることなんだ。
男性は人からどう評価されるかにこだわって、自分の好き嫌いを犠牲にする。
でも女性にとっては、給料が上がるとか、出世するとかよりも、自分の好き嫌いのほうが重要だ。
好きなことをして、自分をどんどん伸ばしていく。
これが女性の強みなんだ。

女性の中にも、「つまらない男性」のような狭い考え方しかできない女性がいる。
こういう女性は、女性としての力を発揮できずに、グチをこぼすばかりでなにもできないまま終わる。
なにか物事を決める時に、「好き嫌い」で決めればいいのに、なぜ「基準」をもとに決めようとするのか。
自分の言葉が、頭のかたい男性的発想になっていることに気づかなければダメだ。
女性が社会で活躍することは、男性のようになることではない。
むしろ、男性になったら、活躍はできない。

女性の中にも、
「好きなことが、特にないんです」
「なにが好きか自分でもよくわからないんです」
と言う人もいる。
せっかく女性としてのすぐれた能力を秘めているのに、そんなことを言っていたら、もったいない。
好きなことがなにもないという人は、「つまらない男性」として育てられることに慣れてしまった女性だ。
本当は好きなことがあったのに、忘れてしまったのだ。

以上が引用箇所です。

あまりに的を射た内容だったので、絞りきれずにたくさん引用してしまいました。バリバリと働く女性が陥りがちなワナを、とてもわかりやすく表現されているなぁと思います。

こちらを読まれて「つまらない男性化」の症状が出ているかも?!という方は、まず、好き嫌いの感情を取り戻すことから始めてみてください☆

たとえば、オフィスでつかうマグカップひとつを購入するにも、「好き」にこだわって選んでみるなど、日々の小さな選択にも「好き嫌い」のセンサーを働かせてみてください。

「好き」なヒト・モノ・コトに囲まれる暮らしは、心をときほぐしてくれます( ´艸`)♪

また、オシャレが好きな方なら、プロのイメージコンサルティングを受けてみるのもおすすめです。自分にはどんな個性があって、それを魅力として引き立てるのはどのようなファッションなのか、これがわかると、オシャレに関する”好き嫌いセンサー”が一段と研ぎ澄まされます☆

女性のみなさまは、感じるままの「好き嫌い」を大切されてくださいね☆

豊かな感性を生かすことは、女性本来の「強み」を引き出す大きなきっかけになることと思います^^

森本のり子(旧姓:千葉のり子)

イメージコンサルタント/著述家

主な著書に「骨格診断(R)とパーソナルカラー診断で見つける似合う服の法則」「一生使える服選び “似合う服問題”には、もうさようなら」「がんばった分だけ認められる 女子の仕事術」など。

骨格診断とは

新着記事

  1. 2018.07.13

    誕生日☆
  2. 2018.07.9

    七夕☆
  3. 2018.06.7

    自分らしく☆
PAGE TOP